アメリカ国旗

ビジネス英会話の必要性

学生時代には、社会人になったら勉強は必要ないと思った人も多くいますが、社会人になってからも残念ながら勉強は必要です。さらに、学生時代というのは試験のために勉強するということが多くありましたが、社会人になるとそういった明確な目的のために勉強をすることだけでなく、仕事内で必要な知識を身につけたりスキルを身につけたりするために自主的に勉強をすることも出て来ます。学生時代以上にきちんと高い意識を持って勉強をしなければならないことが増えるのです。特に、社会人になってから勉強が必要となるのが英語です。ここ最近ではグローバル化が進んだことで仕事の相手も国内だけでなく国外に広がっています。働いている中で取引先に外国や外資系の企業が加わることもありますし、場合によっては外国企業に買収されたり統合されたりするということもあります。このように仕事の中で急に英語を求められることもありますから、早いうちから対策として英語を学習しておくことが望ましいのです。万が一の時のための備えにもなりますし、そういった時に英語を話すことができればビジネスチャンスをもらえる可能性もあります。

とはいえ、仕事をしながら日々の生活で英語を勉強することはとても大変です。そこで、ここではどうやってビジネス英会話を身につければ良いかを紹介していきます。

英会話スクールに通う

短期的に効率よく勉強したければ英会話スクールに通うのがオススメです。しかし、英会話スクールに通うだけでは成果が出ません。きちんとその内容を自宅で復習したり、授業のない日には家庭学習をしたりということできちんと学習したことが残るように自分でも努力することが重要です。一度基礎から学びたい、というかたにはこちらの神田外語Extensionがオススメです。

また、通うにあたっては自分にあった授業スタイルを選ぶことも重要です。プライベートレッスンなのか、グループレッスンなのか、そして授業の頻度はどのくらいでどういったレベルの内容をするのかということをしっかり考えた上で自分にあったものを選ぶことが成果を出すためには不可欠です。

独学で勉強をする

最初のうちは、誰もが独学での勉強を目指すものです。勉強をするとなると、テキストの問題を解くような学生時代の勉強法が浮かびがちですが、そういった勉強では非効率です。仕事の後ではしっかりと机に向かう体力がないですし、記憶力も衰えており、なかなか身につきません。そこで、英語の学習方法として、すぐに実践的に使えるイディオムや例文を覚えたり、移動中にそういったもののCDを聞いたりして様々な角度から英語の勉強をするのがオススメです。興味のある分野や仕事に精通する内容の英語の記事を読んだり英字新聞を読んだり、英語のニュースを聞いたりということで、すぐに実践場面でも使える英語に触れていきます。

こういった勉強をすることによって、英語を勉強してすぐに使うことができたり目にしたりするために知識としても残りやすいですしモチベーションアップがしやすいです。とはいえ、そういった成果が出るまでには最短でも一ヶ月はかかりますから、一ヶ月間は結果が出なくても地道に毎日続けるようにしましょう。