車のハンドル

運転免許は取得しておいて損はない

近年では成人男女の80パーセント以上が運転免許を取得していると言われているほど、多くの人が18歳になったらどこかのタイミングで免許を取得しています。
運転免許を取得するということは、運転ができることは当然ですがそれ以外にもたくさんのメリットがあるので、運転を考えていない人でも取得をしておくことが望ましいです。
>>車の免許を取得する様々なメリットと唯一のデメリット

まずは国家資格を所有できるというのはとても大きなメリットです。
世の中には様々な国家資格がありますが、運転免許が最も取得しやすい国家資格になります。
他の資格というのは難易度も高くなかなか合格することができるものではないので、国から認められた資格を取得できるチャンスというのはこれ以外にはあまりないのです。

次に、身分証明としてとても便利です。
最近ではセキュリティの問題から様々な場面で身分証を提示する必要がありますし、その際には写真付きのものの提示が求められることが多くなりました。

役所で書類を受け取る時はもちろんですが、落し物をして受け取りをする際、大きな金額を通帳から引き出す際や送金する際には写真付きの身分証明書の提示が必要です。
さらには、最近では空港の中に入る際や、コンサート会場に入る際にも写真付きの身分証明書を提示しなければならないこともあります。
こういったときに携帯しやすくてすぐに提示できるものとして最も便利なのが運転免許なのです。

また、運転をするかどうかに関わらず免許があるということで就職に有利なことがあります。
仕事の中で車を運転する場面がある仕事であったり、運転免許を取得する学力があるという証明になったりするためです。
このように運転免許は運転をするかどうかに関わらず取得しておいて損はない資格であると言えるのです。

運転免許の取得方法

免許を取得する際には教習所に通って指定の科目を受講して試験に合格することが必要です。
この教習所というのは指定自動車教習所を選ぶことが望ましいです。
指定自動車教習所を卒業しておくと、運転免許試験場での技能試験が免除され、学科試験のみの合格で免許が取得できます。

また、最近では免許を取得するにあたって教習所に通うのではなく合宿免許で取得する人も増えています。
合宿免許は通学型より短い2週間ほどで取得をすることが可能です。
郊外の合宿所から教習所に通うことになりますが、短期的に免許を取得することに集中できるため、技能も学科も知識をスムーズに入れられますし、なおかつ通学型よりもリーズナブルに取得をすることができます。

移動の時間や予備日を考えると20日ほどはスケジュールを開ける必要がありますが、時間に余裕のある学生を中心に合宿免許は人気を集めています。
最近では合宿施設も綺麗なところが多いですしWi-Fiも完備されているところが多いので、宿泊先の環境も整っています。